« 刈取り開始 | トップページ | 穀物検査、納品 »

刈取り終了

105日から始めた刈取りは昨日10日で終了した。雨で休止した1日と、都合がつかなくてできなかった1日を除くと、都合4日間の作業だった。

最終日は迷った挙句に刈取りを放棄せざるを得なかったというのが事実で、イノシシに入られたところ、畑の総面積の約半分を刈取りしないまま終了した。昨年は畑から除去した大きな石を圃場の周囲に穴を掘って埋め、さらに高いところは背の丈ほどに積み上げた。そのため周囲を石の山が囲んでいるというような景色になっている。イノシシは岩場などを苦手にしているようで、この石積みの効果か侵入は全くなかった。ところが今年はどこから入って味をしめたのか、実が付き始めるころから入り始め、コンバインで畑の中に入ってみると驚くほど広大な面積やられてしまった。イノシシの入った跡は、蕎麦の茎が根元からパッツリとおれて、地面にべったりと張り付いている。イノシシが入ったところは匂いが着いて、商品としては全く価値のないものになってしまうようで、刈取りはできない。イノシシの入らないところだけしか刈取りの対象にはならない。

008_2

011_2

イノシシは蕎麦の実を食べるのではなく、体を擦り付けて転げまわるようで、本当に頭にくる。周りには雑草が生い茂るところもあるし、雑木林もあるのだが、どうしてそちらで暴れないで畑で暴れるのか、悪意があるとしか思われない。来年はイノシシ除けの電柵をセットしなければならないだろう。イノシシが入った水田は饐えたようなにおいがするそうで、その田圃全部のコメが使い物にならないということらしい。今年は長野駅にクマが現れたり、イノシシやサルの出没が多く、山の方では有線放送で注意を喚起しているという話だ。

乾燥調製後で、収量は1535㎏となった。面積が定かでないので反収は不明だ。22.5㎏入れの紙袋に入れて68袋。これでは経営が成り立たない。それどころか、春に買取をお願いした蕎麦屋さんや製粉会社さんに迷惑をかけてしまう。刈取りを始めてから連絡できるところへ順次電話して謝りながら、量の削減をお願いした。幸いにも今年は北海道や県内各地は豊作で、価格がかなり低くなっているようで、量も確保できるらしい。了解を頂きながらも、できるだけ量を確保してほしいと言われると本当にありがたいと思う。ちょうど道路を隔てた向かいの家で蕎麦を天日干ししていた。来年の種子用にも残しておかなくてはならないので、譲っていただけないかとお願いしたところ快く了解していただいた。

それにしてもソバの収量が上がらない。知り合いの専門家に聞いてみると、「連作の影響が出ているかもしれないなあ。」という話もあるが、今年は草丈がしっかり伸びたこと、花の付きも今までの中では一番良かったこと、昨年の様に、極端に茎の細いいわゆる「ハリガネソバ」の部分はなかったことなどからすれば、化成肥料の効果が表れた結果だろうと思うし、この畑は土が痩せているのだろうとおもう。

012_3

016_2

021_2

平均的なそばを一本取って見てみた。草丈は130㎝でこれは十分だし、茎は小指よりいくらか細い程度でまあまあだ。根は直径10㎝ほどの広がりしかなく、土のせいか、養分が少ないせいか貧弱だ。頂上の花房には実が20粒ついており、一本の蕎麦の実は100粒ほどにもなる。実は小さく、購入した種子と比べると大きく見劣りする。目視でも他の畑のものは実がびっしりついているようだし、肥料もたくさん与えている。道路の向かいの家では、ソバ用肥料を1反歩で2袋、40㎏と重焼燐を施肥したそうだ。前作の残肥料もあるだろうと思うので、かなり多い。当方は堆肥と、有機リン肥料に加えて、化成肥料1反歩当り13.5㎏だ。やはり肥料の問題だろう。

|

« 刈取り開始 | トップページ | 穀物検査、納品 »

黒姫山麓蕎麦農場」カテゴリの記事

コメント

私は(52)戸隠で約1町歩蕎麦作ってます。夏そばは乾燥調整後で約1000K秋蕎麦は夏が良かったせいか250k落ちでした、ここは以前は葉タバコ栽培が盛んでしたが高齢化もあり又若い人たちの農業離れもありそんな畑を借り受けて作ってます。タバコのときは化学肥料を可なり入れてあり今は全く入れてません。この状態でもう3年作ってます。畑に入れるなら堆肥とかきのこ栽培で使った木挽きぬかが良いのではないか木挽きぬかは2Tで数千円ですし 人それぞれでけどあまり化学肥料に頼らないほうが良い物が出来ると私は思ってます。蕎麦は元々そんな事関係なしに作っていたのだから。猪ですけどここもすごいですよ、全て囲ってます 私は電柵メーカーに営業として働いていましたから3年前ぐらいにやめました そして農業してます ここって信濃町から戸隠へ向かう途中の所ですかね 間違っていたら誤ります 1度車で中に入ったらひろいですね~とうもろこし畑も広いですね。私の所は小さい畑の寄せ集めなので大変です いつも戸隠連峰飯綱山高妻山見ながら作業してます。頑張ってください。

投稿: 小池 | 2012年10月13日 (土) 09時21分

私の場合もやはり有機栽培や低農薬を志向していたのですが、遊休農地の荒れ地だったので、EC値はほとんどゼロですし、堆肥を入れて土壌調査をしても改善はほとんど見られませんでした。そこで今年化成肥料を導入してみたのです。これとても、信州の環境にやさしい農産物の基準範囲内に抑えましたので、いまいち少なかったのかなと思っています。電柵などいろいろ教えてください。

投稿: かしわばら | 2012年10月14日 (日) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1195601/47403857

この記事へのトラックバック一覧です: 刈取り終了:

« 刈取り開始 | トップページ | 穀物検査、納品 »